視力回復トレーニング

近視にどうしてなるのか、という根本的な原因は現在でも究明されていないようですが、一時的に近視状態になっている人や、本当の近視になりかけている人のなかには、視力回復のトレーニングをすることによって視力が正常に戻ることはよくあるようです。

ただし、わたしのように何十年も近視状態だった場合は、おそらくその効果はほとんど期待できないと思われますが、メガネやコンタクトレンズ、あるいは手術などにたよらずに視力が回復すればこれほどいいことはありません。

とくに小さなお子さんで目がわるいと、メガネなどの着用では行動が制限されてとてもかわいそうです。年齢的にもレーシックの手術は受けられません。

わたしの場合は中学生の時から目がわるくてメガネをかけていました。わたしのこどもたちは現在、乳幼児で目はわるくないのですが、もし今後目がわるくなったら、とても残念に感じると思います。

視力回復のためのトレーニング方法はさまざまあるようですが、即効性はあまり期待できないようです。そして基本的にはトレーニングを地道に続けるしかなさそうです。また、確実な効果が期待できるというものでもないようです。

単に高価な機器を売りつけることが目的の業者もいるようですので、「トレーニングをしてみよう」という場合は、やはり事前に十分情報収集する必要があります。

トレーニングに関する本もいろいろと出版されていますので、まずはお金をかけずにそれらを試してみるのが一番いいのかもしれません。