レーシックでの失敗

レーシックの手術は、適切な処理が行われる限り安全性が高く、失敗する確率は低いのですが、人が行いますので残念ながらまったく失敗がないわけではありません。

レーシックの手術(おもにフラップ作成時)において、適切な処理が行なわれなかった場合に起こる、主な失敗例を下にあげてみました。

ただしこれらの失敗例は、適切なクリニックおよび執刀医を選ぶことで回避出来るものだと思います。

ボタンホールフラップ

作成したフラップが均一の厚さでなく、一部に穴があいた状態のものです。

原因として、眼表面の機器への固定が不十分な場合にフラップを作成すると起こるもので、未熟な執刀医による不適切なマイクロケラトーム使用が原因です。

この場合、何か月か様子を見て、可能であれば再度フラップを作成します。

イントラレーシックではこのような失敗はまず起こりません。

フリーフラップ

フラップの作成は全部を切り取らず、一部を残して眼につながった状態なのですが、フリーフラップはフラップが完全に切り取られてしまった状態のものです。

これも未熟な執刀医による不適切なマイクロケラトーム使用が原因です。

イントラレーシックではこのような失敗はまず起こりません。

角膜上皮細胞の侵入

作成したフラップの縁まわり部分から、角膜上皮細胞がフラップの下にまわりこんで侵入した状態で、視力低下などを引き起こすことがあります。

原因として、フラップの切断面が滑らかでない場合、フラップがずれた場合、あるいは手術後の洗浄が不十分だった場合などに起こります。

この場合、再びフラップをめくって洗浄するなどの処置が必要となることがあります。

角膜穿孔

角膜は、上皮、実質層、内皮部分からなりたっていますが、角膜穿孔は一番下の部分である内皮まで穴があいた状態のものです。

原因としては不適切なマイクロケラトームの使用や、適応検査時に正しいデータが得られずに手術してしまった場合などがあげられます。

ゴミの混入

フラップを作成した後の洗浄が十分でない場合、フラップと眼の間にゴミが残ることがあり、合併症の原因を引き起こすことがあります。

もどしたフラップの位置ずれ

フラップを作成して、それをめくってエキシマレーザーを当てますが、その後フラップをもとに戻すときにずれた場合、不正乱視などを引き起こす原因となることがあります。

レーシック