レーシックの種類

レーシックによる視力回復として、一般的には、フラップ作成時にマイクロケラトームを用いる通常のレーシックと、レーザーを用いるイントラレーシックがあげられます。

しかしそれ以外にもにいくつか他の種類の手術方法がありますので、ここにまとめて一覧表にしてみました。

条件 種類 フラップ 特徴
角膜の厚みが十分ある場合など  レーシック 作成する

マイクロケラトームを用いてフラップを作成します。

比較的手軽な手術で、術後の痛みもあまりないようです。

フラップは再生しませんのでずれる可能性があり、激しいスポーツをする人には向いていません。

 イントラレーシック

レーザーを用いてフラップを作成します。

比較的手軽な手術で、術後の痛みもあまりないようです。

フラップは再生しませんのでずれる可能性があり、激しいスポーツをする人には向いていません。

角膜が薄い場合など  エピレーシック 作成する

エピケラトームを使って薄いフラップを作成します。

後日フラップは再生されますので、ずれる心配はありません。

激しいスポーツをする人にも向いています。

 LASEK

アルコールを使って薄いフラップを作成します。

後日フラップは再生されますので、ずれる心配はありません。

激しいスポーツをする人にも向いています。

 PRK 作成しない

角膜の上皮を取り除いて、レーザーを照射する方法です。

術後は、上皮が再生するまで、保護のためコンタクトレンズを使用します。

激しいスポーツをする人にも向いています。術後しばらく痛みが続くようです。

 フェイキックIOL

眼内レンズを挿入する方法です。強度近視の場合でも矯正することができます。

術後、目に問題が生じた場合、元の状態に戻すことができます。手術費用は他と比べて高いようです。

また、レーシックの手術をおこなう前に、ウエーブフロントアナライザーを使って、正確に角膜や水晶体の収差を解析し、そのデータをもとに手術するものもあります。

このように、レーシックの手術はいくつかの種類がありますが、クリニックによって手術を受けられるものと受けられないものがあります。

また、種類によっては得意不得意があるかもしれませんので、症例数なども参考に慎重にクリニックを選び、自分にあった方法を担当医とよくご相談ください。

レーシック