レーシックの手術は痛い?

レーシックを受けようかどうしようかと迷っている時に、気になることの一つとして、実際に手術は痛いかどうかということではないでしょうか?

レーシックは痛いというよりも、違和感がありました

一般的に、通常のレーシックやイントラレーシックは、視力矯正手術の中ではもっとも痛みを感じない手術のようです。

わたしの場合はイントラレーシックの手術を受けましたが、幸いなことに手術時も手術後も痛みはほとんど感じませんでした。

周りの人の中には手術時の麻酔で、「眼球に注射をするのでは」と思っている人が時々いましたが、注射をすることはありません。

実際の麻酔は点眼薬です。手術前に何度かにわたってされました。そして点眼された時、目がゴワゴワした感じが少ししましたが、しみたりすることもなく、特にどうということはありませんでした。

開瞼器は装着感がよくなかったです

レーシックでフラップを作る時やレーザーを照射する前には、開瞼器をつけて目を大きくひらきます。しかしこれは圧迫感があってとても不快でした。一番違和感があったものです。ただし麻酔が効いていますので、痛みそのものはまったくありませんでした。

フラップ作成やレーザー照射にかかった実際の時間は、両目で数分です。ただし、レーザーを当てるまでの準備や照射後の処理に時間がかかりましたので、手術時間は合計で15分くらいでした。

レーザー照射時は、髪の毛が焼けるようなにおいがしましたが、その間も麻酔がよく効いていましたので、痛みはまったく感じませんでした。

点眼麻酔がどれくらいの間効いていたのかわかりませんが、当日も翌日以降も痛みは感じませんでした。手術後に、もらった目薬を注すと、その後何分間か目がしみることはありました。ただし、それもその後何週間か経つとしみることも無くなりました。

まれに手術後に痛みを感じる人はいるようです

レーシックを受けた時、わたしはこのような状態でしたので、「痛い?」と聞かれますと、「ほとんど痛くなかった」ということになります。同じくレーシックを受けたわたしの知人も「全然痛くなかった」と言っていました。

しかしまれに、人によっては麻酔の効き具合があまりよくなかったりすることもありますので、手術後に痛みを感じる場合もあるようです。(実際には使いませんでしたが、手術後、痛み止めの点眼薬ももらいました)

一方、フラップを作らないタイプの視力矯正手術は、通常手術後に何日間かは痛みが続くようです。

レーシック体験談と口コミ