老眼の原因について

老眼は加齢による老化現象で、水晶体の弾性が失われることが原因でおこります。 老眼は遠視と混同されることが多いのですが、遠視は近視と同じように、屈折異常です。それに対して老眼は、 加齢による水晶体の調節異常なので、原因が異なります。つまり近視の人でも老眼になります。

一般的に、老眼は40歳代から症状が始まります。個人差がありますので、60歳でもならない人はいるようです。

わたしは、手術を受けるまでは近視でしたので、あまり老眼が目立たなかったのですが、 手術を受けて視力が正常に戻ると、近くのものが急に、一段と見えづらくなりました。

手術を受ける1年ほど前に、何年かぶりにコンタクトレンズを新しいものに換えました。 その際初めて近くのものが見えづらいことを自覚したのですが、今思えば、その時すでに老眼が進んでいたようです。

レーシックの適応検査を受けた際、あらかじめドクターから、「すでに老眼になっていて、 手術を受けるとそれが目立ちます」、と指摘されていましたので、老眼については最初からあきらめていました。 残念ながら、レーシックの手術では老眼を治すことはできません。

老化によって老眼になりますので、老化を遅らせることができれば、老眼の進行を遅らせることができますが、 老眼を根本的に防止する方法は確立されていません。

しかしながら、神戸クリニックの老眼治療(Near Vision CK)のような、老眼を改善するものはあるようです。このような手術による老眼治療は、 レーシックの手術とくらべてもあまり一般的ではないと思うのですが、効果や安全性に問題がなければ、 老眼で困っている人たちは多いので、老眼治療は広まるのではないでしょうか。

その時になれば、 わたしも手術を受けることを考えてみたいと思います。

また、老眼の治療ではありませんが、自宅でできる老眼視力の改善トレーニングというようなものあるようです。 ちょっと試したみたい気もするのですが、やや価格設定が高い感じはします。しかし本当に老眼が改善されるのであれば、決して高いわけではないとは思います。

このトレーニングは全30回で終了で、15回終了時に効果が無い場合は、返金手続きができるようになっていますので、 良心的と思います。

いずれにしても、老眼を放置して無理をすると、肩こりや目の疲れ、頭痛や吐き気などの体調不良の原因になる 場合がありますので、メガネなどでの対処が必要となります。