オルソケラトロジーについて

視力矯正の方法としては、メガネやコンタクトレンズを利用することが最も一般的です。そして、最近ではレーシックなどの視力矯正手術が普及してきました。

しかしレーシックは視力矯正として、高い効果を望めるものではありますが、やはり完全なものとは言えません。手術が不満足な結果に終わる、ということもありえます。

しかし、一度角膜を削ってしまいますと、まったく元の状態に戻すことはできません。そこがこれら手術で視力を矯正する方法の最大の欠点と思われます。

一方、オルソケラトロジーは、睡眠時にコンタクトレンズを装用し角膜の形状を変えることによって視力を矯正する方法です。起きてからは、そのコンタクトレンズをはずしますが、はずした後も裸眼でしばらくの間、視力が矯正され続けるというものです。

そしてこの方法は、手術をしませんので、かりにその効果に不満だったとしてもレンズの使用を中止すれば目は元の状態に戻ります。

また、レーシックの場合、基本的には二十歳くらい以上の人が対象の手術ですが、オルソケラトロジーの場合はその年齢に達していない若年層の方も利用できますので、 コンタクトレンズが取り扱えるようになった若い年齢の人にも有効な方法の一つです。

以前では、このオルソケラトロジーは、強い近視に向いていなかったり、すぐに角膜の形状がもとにもどったりしてあまり効果が期待できなかったのですが、最近の技術進歩で強度近視、乱視、遠視などにも対応してきているようです。何らかの問題でレーシックの手術が受けられない方や、手術はどうも、という方には視力矯正の一つの方法としてよいかもしれません。

ただし、こちらも自由診療なので、残念ながら費用は高めです。また、実施しているクリニックの数も現在は限られていますが、今後の普及に期待したい視力矯正法の一つです。