レーシック治療のながれ

レーシックを受けてみて

レーシックの治療は、クリニックによって多少違いがあるかもしれませんが、おおまかな流れとしましては、次のとおりとなります。

なお、ほとんどのクリニックが、検査・手術は予約制となっています。季節的に混んでいる時期もありますので、レーシックを受けられる場合は、 余裕をもってスケジュールを立てたほうがいいと思います。

その際はネットや電話から簡単に予約することができます。

1. 適応検査

レーシックを受ける前に、角膜の状態などを念入りに調べます。この検査によって手術を受けることができるかどうかが決定されます。

また、この検査のデータをもとに、実際に手術する場合においてレーザー照射量なども決定されます。

いろいろな検査機器を使って測定しますので、およそ2〜3時間くらい時間がかかります。

この検査は無料のクリニックもあります。

2.レーシックの手術

手術当日は、目の状態が適応検査時と大きく異なっていないか、再度検査します。ただし、適応検査とくらべると短時間で済みます。

問題がなければ、手術、休憩、術後検査となります。術後検査に問題がなければ、そのまま帰宅となります。

手術そのものは20分程度で短時間に終わりますが、その後はしばらくの間、定期的な目薬の点眼や薬の服用をすることになります。

3.翌日検査

レーシック手術後の屈折度検査、視力検査、眼底検査などを行います。何も問題がなければ、これらは短時間で終了します。

手術後しばらくは、目の状態が安定しませんので視力なども日によって変化します。

4.定期検査

レーシックの種類やクリニックによって異なりますが、だいたいの所が1週間後、1か月後、3か月後、6か月後、1年後検診などの検査を行っているようです。

手術を受けたクリニックが、自宅から遠い場合は近くの眼科でも検診可能ですが、できれば手術を受けたクリニックで直接受診されることを強くおすすめします。

レーシック体験で視力回復