レーシックが向いている人

レーシックがなかった頃から、視力矯正方法としてメガネやコンタクトレンズなどの使用が一般的でした。しかし、それらの使用ではどうしても不都合な場合や場面も多々あります。

今までの視力矯正の方法では不都合、と感じておられるかたは、レーシックも選択の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

ここではメガネ、コンタクトレンズよりも、レーシックのほうが向いていると思われる人の例をあげてみました。

  • メガネ、コンタクトレンズでは適正な視力矯正が困難な人
  • 近視や乱視の度合いが強かったり、左右で大きく度数が異なる場合などはレーシックの方がより効果的に視力を矯正できることがあります。

  • コンタクトレンズを使いたいが使えない人
  • コンタクトレンズを使用したい人でも、異物感やドライアイ、あるいは花粉症などでコンタクトレンズが使えない場合があります。

  • コンタクトレンズのケアが適切でない人、あるいは面倒だと感じる人
  • コンタクトレンズの利用は、最近の使い捨てコンタクトレンズの普及などで手軽になってきています。

    しかし手軽な反面、間違った使い方などによっては、感染症などで失明などの眼に重大な影響を及ぼすこともあります。また定期検査も欠かせません。

  • スポーツをする上で、メガネ、コンタクトレンズ使用では不便と感じる人
  • 一般的に多くのスポーツの場合、裸眼のほうがメガネ、コンタクトレンズ使用よりも圧倒的に有利です。

  • 仕事上裸眼が条件の人
  • 警察官、消防士など一部職種においては、裸眼が就業上の条件である場合があります。

    ただしレーシックの手術をを受けた場合、その仕事の採用条件などに適合するかどうかは職種によって異なりますので、確認する必要があります。

  • ファッション上、裸眼のほうがよい(好む)人
  • 特にメガネの場合、度数が強くなるとレンズが厚くなり、外見上好ましくないと感じる場合もあります。

  • メガネの使用がわずらわしいと感じている人
  • レンズが曇ったり、割れたり、どこに置いたか探したりと、メガネはとにかく面倒と感じている人。

などなどです。