レーシックとは

手術による視力回復の方法の一つで、レーシックは最近段々とポピュラーになってきました。

レーザーで治療します

レーシック(LASIK) とは、五層からなる角膜の表面に、 フラップと呼ばれるフタをつくり、それをめくって、医療用レーザーの一つであるエキシマレーザーを角膜実質層にあてる手術です。 そのことによって、角膜の屈折率を補正し、視力を矯正する方法の一つです。また、近視の矯正に加えて、乱視の矯正も可能です。

レーシックは入院する必要も無く、安全性も高い手術です。手術によって良好な結果を得る確率も高いものです。しかしながら、手術はいつも100%完璧というわけではありません。

場合によっては、ドライアイや不正乱視が発生することなどもありますので、担当医の方とよく相談してください。

レーシックでフラップを作る

レーシックの手術では最初に、角膜の表面をめくるために、角膜を薄く切り取ってフラップと呼ばれるものを作ります。その際に使用される機器は 通常二種類のものがあります。

一つは、マイクロケラトームと呼ばれる、電動カンナのような機器を用いる方法と、もう一つはイントラレーザーを用いる方法です。

マイクロケラトームにはいろいろな種類があり、使用する際も微妙な操作が要求されるため、ドクターの熟練度が良好なフラップを作る上で、 大きな影響を及ぼします。
通常のレーシックでフラップ作成に使う器具です マイクロケラトーム

イントラレーシック

イントラレーシックは、レーザーを使ってフラップを作ります。その際コンピューター制御されていますので、通常のマイクロケラトームを使う方法 よりも熟練度は必要とされません。フラップは均質で比較的良好な結果が得られやすいのが特徴です。

しかしながら、適切なマイクロケラトームを用い、熟練したドクターが施術をおこなう場合は、コンピュータ制御されたレーザーを 用いたものよりも、良い結果(きれいなフラップ)が得られることもあるようです。

なので、最新の技術であるレーザーを用いた方法が、必ずしも一概に、一番良い方法であるとは言いきれないようです。ただし、 マイクロケラトームを用いた方法は、ドクターの技量に大きく左右されますので、クリニックを選ぶ際は、より慎重に検討する必要があるかと思います。

また、マイクロケラトームを用いる方法は、地方の多くのクリニックでもおこなわれていますが、レーザーを用いる方法は、 その機器が高価なこともあり、施術が受けられるクリニックは大都市圏に限られているようです。

わたしは、レーザーでフラップを作成する方法を選びましたが、どちらの方法も一長一短がありますので、選択は難しいと思います。

当然ながら、イントラレーザーを用いたクリニックでは、イントラレーザーの優位性を強調していますし、マイクロケラトームを用いたクリニックでは、 そちらの優位性を強調しています。

レーシックのしくみ

レーシック-麻酔をします レーシック-フラップを作ります レーシック-フラップをめくります
手術の前に点眼薬で麻酔します フラップをつくります フラップをめくります
レーシック-レーザーを当てます レーシック-フラップを戻します レーシック-フラップを接着させます
エキシマレーザーを照射して、近視や乱視を治します 元の位置にフラップを戻します フラップを自然に接着させます

情報提供:神戸クリニック