三ヵ月後検診  (2007年7月2日)

レーシックの手術を受けてから、三ヶ月が経ちましたので定期検診を受けることにしました。

しかし前回、一週間後検診を受けた地元の眼科は、検診そのものがあまりよくなかったので、今回は手術を受けたクリニックで検診を受けることにしました。

わたしがレーシックの手術を受けたのは東京でしたが、同じクリニックが大阪にもあるので、自宅からより近いそちらで検診を受けることにしました。

とりあえず大阪のクリニックで検診を受けることが出来るかどうか、電話で問い合わせてみました。その結果、大阪でも検診を受けることが出来るということでしたので、そのまま予約をしました。

クリニックの場所はJR大阪駅から歩いて10分くらいのところにある、スノークリスタルビルの地下1階にありました。

レーシックの三か月検診
   正面に見えるビルがスノークリスタルビルです

今回もネットからプリントした地図を片手に出かけました。わたしは地下鉄梅田駅を降りて地上から歩いていきましたが、後から思えば地上から行くよりは、地下街を通って行ったほうが便利でわかりやすいと思います(わたしはビル内の階段で地下へ降りるとき、クリニックの場所を間違えました)。

クリニックに到着して、いつものように受付の人に診察券を渡すと、今回はアンケート用紙をもらいました。その内容はレーシックの手術後の見え方についての満足度に関するものでした。

別にクリニックの宣伝をするつもりはありませんが、わたし的にはわりと満足度が高かったので、そのまま正直に丸をしました。もちろん、満足度の低い人も中にはおられると思います。

アンケートを記入後、用紙を受付に提出して、待合室で名前が呼ばれるまでしばらく待ちました。

大阪のクリニックへ来たのは今回が初めてでしたが、まわりを見回したところ東京のクリニックと同じくらいの大きさでした。ただし、実際にレーシックの手術する場所は別の階にありますので、そちらはどれくらいのものかはわかりませんでした。

わたしが訪れた日が平日のためか、患者さんの数は少なく待合室は空いていました。おかげでさほど待つこともなく、すぐに名前が呼ばれて診察がはじまりました。

今回も翌日検診や一週間後検診のように、屈折度検査眼圧検査視力検査眼底検査角膜の状態を調べるくらいの簡単なものだと思っていましたが、それらに加えて、角膜の詳しい形状コントラストの見え方なども調べられました。

最後はいつものように、ドクターによる診察がありました。その際、「角膜の状態はきれいです」と言われて、目の状態に問題はありませんでした。視力は、左目がやや見えにくいと思っていたのですが、 左右とも2.0でした。ただ遠くのものがよく見える分、近くのものは見えにくい感じです。しかしそれも手術直後と比べると、いくぶん改善されたように思います。

手術前の適応検査に比べると、手術後に行われたそれぞれの検診は時間的にすぐ終わります。今回は待ち時間を含めて20分くらいで済みました。しかも今回は待ち時間がほとんどなかったため、あっという間に終わった感じがしました。

地元の眼科で受けた前回の一週間後検診では、その検査結果をまったく知らされませんでした。しかし今回はしっかりと結果を確認したかったので、「検診結果のデータが欲しいのですが」と帰りに受付で申し出ました。

すると、「カルテの開示そのものは手続きに時間がかかります」と言われました。しかし、「簡単な結果なら差し上げられます」ということでしたのでそれを書面でいただきました。

今回の三か月後検診で、レーシックの定期検診はすべて終了しました。やはり手術を受けたクリニックで検診を受けるとスムーズです。そして今後は、目の状態に問題がなければ特にすることはないとのことでした。

東京でも大阪でも、クリニックのスタッフのみなさんの対応にはとても満足しています。そして、今回のレーシックの手術で視力が回復したことに、心から感謝しています。


レーシック