レーシックにかかる費用について

レーシックで視力回復を、と考えた時、現実問題としていくらかかるのか、ということに最も関心があるのではないでしょうか?

いくら安全性が高く、効果が望めるとしても価格が高過ぎればどうしようもありません。

レーシックの費用は安くなってきています

レーシックの普及とともに、手術費用は低下傾向にあります。
何年か前までは、両目で40万、50万するのは割と一般的でしたが、それも過去の話になりつつあるようです。

最近では価格差や変動が大きいので、一概にいくら、とは言いにくいのですが、通常のレーシックやイントラレーシックにかかる費用は20万円程度のようです。

また、レーシックは、健康保険がきかない自由診療ですので、価格はクリニックによって自由に設定することができます。

ですので、クリニックによる価格差は大きなものがあります。レーシックの術式によっても価格は異なりますが、一般的な通常のレーシックの場合では、安いところで両眼10万円前後、高いところでは50万円以上と大きな開きがあります。

手術ですのでただ安ければいい、というものではもちろんありませんが、以前と比べてここ数年ずいぶんと低価格化してきた現在、よほどの特徴がない限り、50万円は高いように思われます。

手術の質の維持のため、あるいはアフターケアのために価格が高いというのであれば問題ありませんが、単に患者が少ないからとか、土地建物代、宣伝広告費、あるいはクリニックの利益のために価格が高いというのならば、患者にメリットはありません。

レーシックの費用はトータルで考える

レーシックが安くなってきた、と言っても以前と比べて安くなってきているだけで、掛かる費用が依然高額なことにはかわりはありません。

クリニックによって、適応検査が有料の所、無料の所、あるいは薬代、定期検査代が手術費用に含まれている所、含まれていない所があります。

さらにクリニックが遠方にある場合は交通費、宿泊費なども考慮する必要がある場合もあります。結局トータルでいくらかかるか、ということが重要となります。

手術費用そのものは多少高くても、交通費など考えれば結局近場のクリニックのほうが安上がりということもあります。また、何かあったときには近場のクリニックのほうが安心ということもあります。

また、同じクリニックでも、時期によっては価格が変動することもありますので、それぞれのホームページなどで実際の価格をご確認ください。

レーシックの口コミで失敗しない