目の保護(サングラス)について

ここでは、目に影響をおよぼす紫外線と、それを防ぐサングラスについての内容です。

紫外線は波長の長い順にUV-A,UV-B,UV-Cの3種類に分類されます。UV-Cはオゾン層で吸収されますので、一般的に地表には届きませんので、人体に影響を与えるのはUV-AとUV-Bとなります。

紫外線は骨を作るときに必要なビタミンDを生成するなどの利点もありますが、同時に、皮膚がんや白内障、角膜炎(雪目)などの目の病気を引き起こす原因と考えられています。(UVAは水晶体まで届き、UVBは角膜で吸収されます)

紫外線は一年中、地表へ降り注ぎますが、時期としては太陽の位置が高くなる4月から9月、時間帯としては午前10時から午後2時が最も量が多くなるようです。晴天に限らず、曇りの日でも紫外線は降り注ぎますので紫外線対策は必要となります。

また、直接日光にあたらなくても、路面や建物、雪、水面などでも紫外線が反射して、体にあたりますので、いろいろな角度からの紫外線を防ぐ必要もあります。

戸外で紫外線を防ぐ方法としては、日傘を差したり、帽子をかぶったり、日焼け止めクリームなどを塗ったりしますが、こと目に関して言えば、やはりサングラスの着用が一番効果的でしょう。

しかし、わたし自身、レーシックの手術を受ける前までは、紫外線からの目への影響についてはまったくと言っていいほど関心がありませんでした。せいぜい日中、車を運転するときにまぶしいので、サングラスを使うくらいのことでした。

そのサングラスにしても、わたしは色の濃いものを使っているのですが、濃ければよいわけではないようです。色が濃いと瞳孔がその分大きく開き、紫外線がより多く目の中へ入ってくるようです。

そこで、どのようなサングラスを選べばいいのか、機能面について調べてみました。

規格品であるか ・・・ 日本ではサングラスの規格として、経済産業省の家庭用品品質表示法が定めたものがあります。それによると、規定に定める偏光度や屈折力などの区分やそれぞれの試験方法に従い「サングラス」「偏光サングラス」「ファッション用グラス」のいずれかを表示しています。ゆがんだものを使うと頭痛が起こったりしますので、「ファッション用グラス」は避けたほうが無難でしょう。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどにもサングラスについて工業規格があります。

紫外線透過率が低いか ・・・ 最近のサングラスのほとんどはUVカット機能がついています。

目をしっかり覆うものであるか ・・・ レンズが小さいものは、横から紫外線が進入してきます。ある程度大きなレンズか、横や下からも紫外線を防ぐことのできる機能のあるサングラスがいいでしょう。

使用目的や天候を考えてサングラスを使い分ける ・・・ サングラスのレンズには下記のように、色々な種類がありますので、その時の状況にあったものを選んで使いましょう。

色など 特徴 適したスポーツなど
ブラウン系 コントラストを高める効果 ゴルフ、スキー
グレー系 自然な色で物が見える、
炎天下で長時間の使用に適する
マリンスポーツ
ブルー系 昼間の強い日差しやヘッドライトなど
の光ををやわらげる
マリンスポーツ、ドライブ
グリーン系 ソフトな視界が得られ、目にやさしい フィッシング、ジョギング
イエロー系 コントラストを高める。視界が悪いとき
に適する
スキー、テニス
オレンジ系 視界が明るく、クリアに見える スキー
クリア系 暗い場所でも使用できる ドライブ
偏光レンズ 光の乱反射を防ぐ フィッシング、ドライブ
調光レンズ 紫外線の量に応じて、色の濃度を変化
させる
各種