目に良い食べ物

目に良い食べ物は、おそらくたくさんの種類があるかと思いますが、その中で代表的なものをしらべてみました。

これらは、通常の食事から摂取するのが最善だと思われますが、そうもいかない場合はサプリメントなどで補充するのもいたしかたないかもしれません。
ただしその際は、過剰摂取には注意が必要です。

その場合、過剰に摂取してもその分はそのまま体外に排出されるものは、さほど問題はないかもしれませんが、 体内に蓄積されるものはかえって健康を害することもあります。

ビタミンA ・・・ 目の健康維持に大切なもので、角膜細胞の再生や目のうるおいを保つ作用があるといわれています。 また網膜細胞の保護に用いられ、不足すると夜盲症(鳥目)になることがあります。にんじん、うなぎのかば焼きなどに多く含まれます。

ビタミンB1 ・・・ 眼精疲労の改善、視神経の働きを助けます。豚肉、焼き海苔などに多く含まれます。

ビタミンB2 ・・・ 目の疾患予防や治療に効果があります。目の充血・乾燥・かゆみ、眼精疲労の改善にも効果があります。牛レバー、鳥レバー、干ししいたけなどに多く含まれます。

ビタミンB6 ・・・ 疲れ目に効果。いわし、鰹、サバなどの魚類に多く含まれます。目薬にもよく配合されています。

ビタミンB12 ・・・ 眼精疲労に効果があります 海苔、貝、魚類、動物の肝などに多く含まれます。目薬にもよく配合されています。

ビタミンC ・・・ 目の老化・白内障予防に効果があります。パセリ、ブロッコリー、芽キャベツなどに多く含まれます。

ビタミンD ・・・ 目の機能の活性化に効果があります。鰯、鰹、ブリ、鮭などに多く含まれます。

ビタミンE ・・・ 目の老化・白内障予防に効果があります。マーガリン、ひまわり油、乾燥アーモンドなどに多く含まれます。

タウリン ・・・ 視力低下の予防に効果があります。タコ、イカなどに多く含まれます。

アントシアニン ・・・ 目の疲れや目を健康に維持する働きが大きいとされています。ビルベリー、プルーン、ブルーベリーなどに多く含まれます。

DHA(ドコサヘキサエン酸) ・・・ 網膜に多く含まれる成分で視力を高める効果があります。サバ、マグロなどの魚類に多く含まれます。

たんぱく質 ・・・ 目の組織のもとになるものです。

ミネラル ・・・ 目の働きをよくするものです。

炭水化物、脂肪 ・・・ 目のエネルギーとなるものです。