フラップの接着

通常のレーシックやイントラレーシックの特徴として、フラップを作成しますが、そのフラップがどれくらい強度があるのか、また、どのようにして元のように角膜に引っ付くのかよくわかりませんでした。

フラップの強度につきましては、個人差もありますので、これくらいまで力が加わっても大丈夫とはなかなか言えないのでしょうが、接着のしくみにつきましては、名古屋アイクリニックからの資料のなかに、そのことについて書かれてある部分がありましたので引用させていただきました。


                     「マンガでわかるLASIK」より