レーシックのデメリット

わたし自身レーシックの手術を受けてみて、その視力回復のすばらしさを日々実感していますが、レーシックのメリットばかりを強調することはとても危険なことのように思います。

それは、レーシックの手術は、安全性やその効果が高いとはいえ、決して100%完全な視力回復の解決方法ではないからです。手術を受けることによって得られるメリットだけでなく、どのようなデメリットやリスクがあるのかということを十分理解しておく必要があると思います。

その上で、実際に手術を受けたほうがいいのか、しないほうがいいのかの判断を検討するべきであると思います。

なお、それぞれのクリニックがおこなっているレーシックの適応検査は、無料の場合や有料の場合でも費用が安い場合が多いので、実際に手術を受けるがどうかの最終的な判断は、その検査を受けてからでも遅くないと思います。

その場合はクリニックの対応なども、検査を受けることによってある程度判断できますし、あらかじめ質問を用意しておけば、疑問点・不安感の解消にも役立つと思います。

レーシックの手術を受けることによって、起こりうるデメリットやリスクは、主に以下のような事柄です。

満足な結果が得られるとは限らない

確率は低いと思いますが、レーシックによって思ったほどの視力回復にならなかった、不正乱視が発生した、ドライアイになるなどの、十分な満足に至らない結果となる場合があります。

長期に渡っての安全性が確率されていない

レーシックは歴史の浅い手術方法なので、何十年後かに、 手術による何らかの問題が発生する可能性は否定できません。

手術を受けた後は、元の状態には戻せない

レーザーによって角膜を削りますので、 手術がうまくいかないくても、元には戻すということは出来ません。特に削りすぎた場合は対応が困難です。

フラップは完全には固着しない

通常のレーシックやイントラレーシックで作成するフラップは、角膜の表面を一定の厚さで切っていますので、完全には 元どおりになりません。

通常の日常生活にはまったく支障ありませんが、何らかの原因で強い衝撃を目に受けた場合、フラップがずれることもあります。

わたし自身は、これが普段一番気になります。

光の見え方の変化

ハロ現象・グレア現象・コントラストの低下などの、光の見え方が不自然になることがあります。ただし大抵は、時間の経過とともに解消される場合が多いようです。

わたしの場合は、コントラストの低下は感じられませんでしたが、術後すぐのハロ現象・グレア現象は強く感じられました。今はかなり改善されていて、特別に不都合ということはありません。

矯正視力の低下

手術後何らかの原因で視力低下し、メガネやコンタクトレンズを再び使用しなければならなくなった時、手術前より矯正視力が低下することがあります。

ドライアイの発生

手術後はしばらくの間、目が乾いた状態になりやすいですが、時間の経過とともに改善されることが多い ようです。

わたしの場合は、朝起きたときに乾燥した日がしばらく続きました。その後は改善されました。

もともとドライアイの人は、レーシックによって改善することはないようです。

不正乱視の発生

このことによって、肩こり・頭痛などが起こることもあります。

細菌などによる角膜の感染症の発生

手術後しばらくはこれらを防ぐために、処方された目薬を定期的にさしたり、薬を飲んだり、洗顔時などに目に水が入らないように注意したり、睡眠時にはプロテクタを付けたりします。これらを実際にやってみると、必要以上に気を使ったりして、結構めんどうでした。

充血の発生

レーシックを受けた直後はしばらくの間、充血が続くことが多いようです。しかし多くの場合は時間の経過とともに改善されるようです。

わたしの場合は、朝起きたときによく、充血していました。今はそういうこともなくなりました。

涙目の発生

ドライアイとは反対に、涙目になることもあるようです。こちらも時間の経過とともに改善されることが多いようです。

異物感がする

手術直後には、角膜の状態が安定していませんので、異物感を感じることが多いようです。

視力の戻り

何らかの理由でまれに発生することがあるようです。角膜の厚さによっては、再手術可能な場合もあります。

レーシック